胡蝶蘭を通販サイトで安心・安全に買うには?損しない方法や体験談

胡蝶蘭

ブログを見ていただきありがとうございます。

 

自称・植物マニアの陸です!

 

学生時代は花屋さんでアルバイトを3年間続けていたので、植物についてのいろんな話を当ブログではお話ししたいと思います!

 

最近は通販サイトで胡蝶蘭や観葉植物を買っているのですが、品質の良さや値段はどこが一番いいのかわかりませんでした。

 

・実際に店舗に見にいって買うのとは違って、どこをどう見ていけばいいの?

 

・勢いで買ってしまいお客さんから変なものが届いたとクレームにならないか?

 

・値段や品質の良さはどのサイトが一番なの?

 

今回はそんな不安を感じられている方々に通販サイトで安心・安全に胡蝶蘭を買うポイントをご紹介いたします。

 

胡蝶蘭の通販サイトが増えている背景

 

胡蝶蘭や観葉植物をふくめた花き市場は平成10年には6300億円とピークを迎えますが、平成26年には3700億円と縮小傾向にあります。

 

原因の一つには若者を中心として高価な花を買う金銭的余裕がなく、花を必要としないライフスタイルが定着していることが挙げられます。

 

しかし、その中でも胡蝶蘭の市場規模は250億円とされており、年々緩やかに拡大傾向にあります。

 

胡蝶蘭はビジネスシーンでこれを送っておけば間違いないとされる安心感があり、贈答など慶弔の際に年間1億円以上も消費する大企業もあるそうです。

 

ほかの花とは異なり、胡蝶蘭は法人同士の取り引きに使われる安定的な需要があるため多くの通販サイトが立ち上がっているのです。

 

他にも駅近や駅の中に出店し、店舗数を増やしている青山フラワーマーケットがありますが、家庭用に低価格で高回転なビジネスモデルを確立し、成功をおさめています。

 

花き市場はの消費志向は贈答用の高級品から家庭での飾れるプレゼントに移り変わっているので、ネット通販のように手頃に買えるビジネスモデルは今後も伸びていくと予想されています。

 

お花屋さんに足を運ばなくてもネットで気軽に胡蝶蘭を買えるとなれば、記念日でなくともお花を購入する機会は増えそうですね。

通販サイトは生産者から直送なので顔が見える

 

野菜やお肉などの生鮮食品は生産者の顔が見えるように10数年前から取り組みが始められましたが、花き業界でも通販サイトでは生産者から直送で購入ができるようになりました。

 

そのために卸売業者などの仲介料がかからなくなり、店頭用よりも安く私たち消費者は購入ができるのです。

 

また、通販サイトを使えば新鮮な花が直接私たちには届くので、店舗に置いておくよりも衛生面や花もちが良いこともメリットの一つです。

 

さらには4000円くらいで買えてしまうミニ胡蝶蘭など多種多様なバリエーションを通販サイトは実現しています。

 

通販サイトではロジスティック倉庫で管理をしているので、店舗よりも多くの花を取り扱えるのです。

 

そのために消費者の多様なニーズに応えられるのも魅力の一つと言えます。

 

通販サイトにはどんな胡蝶蘭がある?

 

胡蝶蘭といえば「3本立ちの白色」が定番ですが、通販サイトにはいろんな種類の胡蝶蘭が販売されていますよ。

 

ミニ胡蝶蘭 ピンク グラスモス付き ¥4,860(税込)

 

 

ミディ胡蝶蘭 白赤 2本立ち 信楽焼鉢付き ¥7,830税込

 

 

ミディ胡蝶蘭 ファーストラブ 2本立ち 和鉢かぐや ¥10,800税込

 

 

ミディ胡蝶蘭 アマビリス 2本立ち 3号 アンティークテラコッタBlack 付き ¥12,150税込

 

 

ミディ胡蝶蘭 フォーチュンザルツマン 5本立ち 和鉢まどか敷物付 ¥21,600税込

 

 

色や鉢にもこだわりを感じる胡蝶蘭がたくさんありますので、きっとお気に入りが見つかるはずです。

 

ちなみにこちらのおしゃれな胡蝶蘭を扱っているのはHitoHana
という通販サイトです。



コメント