胡蝶蘭が冷害(凍傷)で花がしわしわに!寒さ対策はビニール袋?

胡蝶蘭

胡蝶蘭の多くが台湾など温暖な地域で生まれ育っています。

 

ですので、日本のように冬がとても寒い地域では本来ならば、育てられません。

 

生産農家さんは冬でも胡蝶蘭が育てられるように温室などに設備投資をしています。

 

その金額はひと月で数百万とも言われています。

 

胡蝶蘭をもらったはいいけど、エアコンを止めて外出していたら胡蝶蘭の元気が無くなっていた…

 

そんな凍傷や冷害にかかってしまった時の対処法や育て方について調べてみました。

 

胡蝶蘭 凍傷を防ぐには

 

胡蝶蘭を窓際に置きっぱなしにしていたために朝起きたら花がぐったりしていた…

 

冬になると窓から外気が入り込み、夜の間に胡蝶蘭は寒さにやられて凍傷になっているかもしれません。

 

胡蝶蘭は10度を下回る気温だと凍傷になると言われており、冬はエアコンをつけてるから大丈夫と思っても窓際は10度以下なんてことは少なくないようです。

 

そんな時には夜寝る時だけリビングの気温が安定しているところに置いてあげるのがベストですね!

 

胡蝶蘭 凍傷になってしまった時の対処法

 

一度、凍傷になってしまうと株自体も元気がなくなってしまいます。

 

花は萎れて、葉は半透明に。

 

そんな状態にもしも胡蝶蘭がなってしまった時にはなるべく水は与えずに暖かいところに置いてあげましょう。

 

むやみやたらに水を上げてしまうと逆効果で今度は冷害も引き起こしてしまうのです。

 

とはいっても夜はエアコンを消して寝るというご家庭もあることでしょう。

 

そんな時には胡蝶蘭の周りを段ボールで囲ってあげるのがベストです!

 

さらにホッカイロや湯たんぽで暖かさをキープしてあげられる工夫があれば、なお良いですね。

 

実際に胡蝶蘭の置き場所がなく、玄関先に置いて置かなくては邪魔になってしまうこともあるでしょう。

 

そんな時には段ボールと湯たんぽで少しでも暖かな環境で胡蝶蘭を守ってあげるのがベストですよ!

 

胡蝶蘭が凍傷になって茎も根もブヨブヨになった時には?

 

胡蝶蘭が凍傷になってしまった時にはゆっくりと回復していくのを待つしかないのです。

 

とはいっても葉が半透明でブヨブヨになるだけではなく、茎も根もブヨブヨになっていた時には捨ててしまうのが残念ながら捨てるのがベストです…

 

まだ、茎も根も黒くなってないし、ブヨブヨになってない!

 

そんな時にはまだ胡蝶蘭は生きているので葉を切り落としましょう

 

一度ブヨブヨになってしまうと葉から菌が蔓延してしまう危険性があります。

 

ですので、葉を切り落とし茎と根への菌の感染を防ぎましょう。

 

胡蝶蘭 花茎を切り落として来年に備える

 

胡蝶蘭が凍傷や冷害にかかってしまった場合には最終的に花茎を切り落とすのがベストです!

 

来年にまた花を咲かせてくれるように株をゆっくりと休めることが必要不可欠になります。

 

せっかく育てたのに…と残念に思う気持ちもわかりますが、「根元から3cm」くらいのところを切り落とすのがいいとされています。

 

胡蝶蘭 冬はビニール袋をかけて育てよう

 

花茎を切り落とした胡蝶蘭はいったん植木鉢からだして、大きなビニール袋に入れます。

 

そうすることで簡易的なビニールハウスとして温室で育てることができますよ。

 

常に15度以上にキープできるようにひと冬ビニール袋の中で育ててあげましょう!

 

まとめ

 

葉がしわしわになってしまった時にはもうダメかーと思いがちですが、茎や根が黒くなってなかったら大丈夫です。

 

とにかく暖かいところで育ててあげないと胡蝶蘭は弱ってしまうので、段ボールやビニール袋、湯たんぽで囲ってあげましょう!

 

以上、「胡蝶蘭が冷害(凍傷)で花がしわしわに!寒さ対策はビニール袋?」でした。

コメント